来院される際のお願い

鳥を病院に連れてくる際のお願い

来院される際にお願いがあります。鳥を病院へ連れてくる際には必ずプラケースやキャリー、ケージを利用してください。何にも入れずに来院することは厳禁です。

ケージやキャリーでの来院ならケージやキャリーに鳥を入れ、ダンボールに 入れる、カバーをかける、紙袋に入れる、タオルで囲むなどしてください。

また、鳥同士を接触させる、他の家の子を触るなどの行為もしないようお願いいたします。
すべて病気の感染を防ぐためなのでご理解、ご協力をお願いいたします。

大型インコ・オウムを飼われている方へ

インコの保定時に使用する消毒済みタオルが不足しております。
来院の際、バスタオルをご持参していただけますようお願いいたします。

混雑日の予約について

土曜日など予約が混雑する日でも、緊急と判断される鳥さんについては、診察をお断りすることはございません。まずはお電話ください。
ただし状況によっては担当外の獣医師や、遅い時間の診察を案内することがあります。17時までの予約枠がすべて埋まっている場合には、その後の時間を順次案内させていただきますので、ご協力をお願いいたします。

来院の際は必ずお電話ください。

あまりお待たせしないためにも、できるだけすいている時間帯を案内しております。
* 予約を優先して診察しますので、予約枠外での診察はかなりお待たせいたします。